私たちの主の昇天の人々の兆候

主の昇天のための人気の徴候

主の昇天は、クリスチャンにとって特別な意味を持つ最も重要な正教会の休日の一つです。それは、木曜日に伝統的にイースターの後の40日に祝われ、イエスの地上の旅の終わりと天国への復帰を象徴しています。特に興味深いのは、主の昇天に関連する徴候と迷信です。

昇天のための徴候と迷信 - 何に注意すべきですか?

信念によると、主の昇天の夜は、これらの鳥がいつもよりも大きく歌っているので、ナイチンゲールとみなされました。そして、この鳥を捕まえる者には悲惨です。来年すべてが涙と苦しみになります。

伝統と徴候の饗宴に関連付けられた昇天は、それが厳しい必要がない場合、それは家をきれいにすることは不可能であった、洗って、バスを訪れ、あらゆる針仕事に従事していると言いました。

困っている人への要求を拒否することは悪い兆候と考えられていました。貧しい人々や貧しい人々を助け、何かを扱い、何か良いことをすることが必要でした。

バーチに関連する迷信が1つあります。若い女の子たちは、カバの小枝をひもでひねり、不思議に思った。その小枝がペンテコステまで枯れていないという信念によれば、今年は健康で結婚するだろう。失神した場合 - 病気の予知、または挫折した人の死。

私たちの主の昇天の人々の兆候

昇天の人気のある兆候によれば、本当の暖かさと完全な夏が来る、それ以上の霜はありません。

この日は天気が特に綿密でした。悪い予兆は昇天の雨と考えられ、貧しい収穫年と牛の病気を約束した。そして、天気と太陽が晴れていたのは、逆に良い収穫の保証だった。

信念によれば、豊かな露が主の昇天に落ちます。それゆえ、地球は泣き叫んで、キリストを天に護送しています。若い女の子たちはこの露で自分自身を洗い流そうとしました。人々はあなたが書かれた美人になり、すぐに結婚することができると考えました。

エッグは、念頭に置いて、鶏にAscensionに奪われ、魔法の力を持っていたという信念に基づいて食べなかった。彼は話され、魅力として使われました。

前兆と主の昇天

主の昇天の伝統、習慣、徴候は非常に面白く、大きな意味があります。だからこの休暇では、天国への道を象徴する7つの階段のはしごの形でクッキーを焼くのが通例でした。あなたが朝にクッキーを食べ、聖水で洗っていれば、そのような料理はキャリアの成長を促進すると多くの人が信じていました。

義務的なのは、玉ねぎのパイの席で、すべての料理は奉献され、自分自身を食べ、客を扱った。その日は何らかの形で記念碑と考えられていたので、食事は正教会の人々にとって特別な意味を持っていました。

昇天では、神に目を向けることができ、欲望の遂行を求めることができます。主なもの - お金や富を求めることではなく、より高い力が果たさないような要求。善行や処遇のために財政が必要な場合は例外です。信念によると、あなたが求めているものはすべて確実に成り立っています。この日の主は誰も、失われた罪人さえ聞いています。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...
Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

+ 84 = 93

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: