抗生物質投与後の下痢

抗生物質投与後の下痢

大部分の抗菌薬の負の特徴は、腸内微生物叢を含む病原性微生物だけでなく、有益な微生物にも有害な影響を及ぼすことである。従って、抗生物質の後に下痢がしばしば起こることは驚くことではない。これは長期間排除することが困難である。この目的のために、消化器系に必要なフローラのコロニーの修復を可能にする特殊な薬剤が開発されている。

抗生物質投与後の下痢についてどうしたらいいですか?

まず、下痢の原因となった投薬をただちに廃止するか、抗菌治療を続ける必要がある場合は、少なくとも投薬量を減らすことが重要です。医師に相談した後、抗菌薬を交換することもできます。

抗生物質を服用した後の下痢の治療には、栄養の矯正が必要です。次の製品を除外することをお勧めします。

  • 小麦粉製品;
  • トウモロコシおよび他の豆;
  • 繊維が豊富な新鮮な果物や野菜;
  • 米;
  • ふすま。

最も穏やかな食事が示され、腸の運動性の低下を示唆している。

下痢による損失を補うため、または再水和溶液を飲むために、余分な液体を消費することが重要です。

抗生物質を受けた後に下痢症を止めるよりも?

迅速な収斂効果のために、下痢止め薬が推奨される:

  • イモジウム;
  • スメクタ;
  • ロペラミド;
  • Diosmectit。

有用な微生物叢の修復は、腸、プロバイオティクスの正常な機能に必要な細菌の維持を伴う薬物によって行われる:

  • Linex;
  • ビフィドバクテリシン;
  • トラビス;
  • ノルモフロリン;
  • ビフィコール;
  • ニュートロリンB;
  • プロビオフォア;
  • Bifiform;
  • アシポール;
  • ナリン;
  • ポリバクテリン。

もう一つの選択肢はプレバイオティクスの使用です。最も効果的なのはHilak Forteです。

便および便の一貫性の頻度の補正は、ラクツロースベースの製品によって支援される:

  • Portalac;
  • Dufalac;
  • Normase。

病原性細菌叢の増殖を同時に抑制する必要がある場合、腸内消毒剤が使用される:

  • ニフロキサジド;
  • Intetriks;
  • 抗生物質を服用した後、下痢

  • Bactisubtil;
  • Enterol。

消化の最終的な正常化のためには、腸溶性物質(Polysorbent、活性炭、Enterosgel)を介して解毒療法が必要である。

抗生物質投与後の下痢はどのくらい続きますか?

タイムリーな治療を開始すると、下痢は10〜24時間以内に迅速に停止します。

重度の症例や治療がない場合、数日間続きます。このような状況では、診療所での緊急治療や入院が必要です。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...
Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

+ 84 = 85

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: