初期の流産の徴候

初期の流産兆候

統計によると、ほとんどの流産は、早期に正確に発生します - 最大12週間。未来の母親のために流産の可能性があるという考えは、単に耐え難いものです。したがって、しばしば彼らの恐怖のために、妊娠している女性は本当の流産症状のために彼らとは何の関係もない何かを与える傾向があります。早期に流産の兆候をどのように判断するかを考えてみましょう。

確認しましょう

難しさは、多くの場合、流産の症状を明白に述べることができないということです。例えば、2週目に流産があった場合、その症状は実質的になくなるか、全く現れなかった。これは、この時点での流産は月経の時間とほぼ一致し、早期の流産の症状である斑点をしばしば呈するため、通常の月経のために女性が服用されるからです。もちろん、彼女が妊娠の発症について知らなかったら。

妊娠中の女性が5週目に流産した場合、症状は自分自身を感じさせます。妊娠の終了にはどのような徴候がありますか?

流産の最初の症状:

  • 下腹部の痛みを引く。
  • 茶色または赤色の放電。

場合によっては、流産の明白な徴候はないが、間接的な症状が観察される。

早期流産の間接的な兆候:

  • 珍しい色合いの粘液;
  • 腰部の痛み;
  • 悪心;
  • 減量;
  • 下痢、胃の問題。

より具体的に理解すれば、自然流産でその症状はその段階に依存します。

最初の段階(脅かす段階)には、腹部に痛みがあり、血液が少量排出されます。流産の第2段階では症状が悪化する。痛みが痙攣し、放電がより明確になります。一般的な弱点があります。第3段階では、血流が豊富になる。 4回目の出血停止では、中絶が行われると考えられています。同時に出血が止まり、痙攣が起こります。

初期の流産がある場合はどうすればよいですか?

最初の2つの流産段階では、妊娠を維持することができるので、医者の助けを求めるのに一分を失わないことは非常に重要です。

血液が混じって排出される場合は、水平姿勢で直ちに救急車に連絡してください。自分で薬を処方することはできません。冷却圧縮を胃に入れることは禁じられています。吐き出しが小さければ、赤ちゃんを救う機会がそこに残っており、出血が強く、何もできません。

私たちは、流産の兆候がしばしば発生することを理解しました。しかし、流産の可能性を最小限に抑えるには、それがなぜ起こるのかを知る必要があります。

幼い頃の流産の原因

主な理由は次のとおりです。

  • 母親のホルモン背景の侵害、ホルモン性疾患の存在、甲状腺の問題。特にプロゲステロンの欠如は、流産を引き起こす可能性があります。
  • 流産の脅威の徴候

  • 女性が生殖器疾患(感染症を含む)を有する場合、流産の脅威の兆候が生じることがある。
  • 一般的な感染症(鶏痘、インフルエンザ、扁桃炎、風疹)も自然流産につながります。
  • 以前はどんな種類の流産をした子供や女性を失う危険性があります。
  • 特定の薬と薬草を服用する。妊娠中は薬物を完全に排除することが望ましい。
  • 肉体的ストレスと神経過労、ストレス;
  • 悪い習慣:喫煙と飲酒、コーヒーは胎児の奇形や死に至ることがあります。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...
Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

− 3 = 4

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: