なぜ妊婦が教会に行けないのですか?

なぜ妊婦が教会に行くことができないのか人々は、女性が状況を理解していないことを聞いて、なぜ妊娠中の女性は、その前に、彼らはろうそくを点灯するだけでなく、そこに行きましたが、サービスしていた場合は特に、教会に行くことができない持つ、多くの信念や迷信があります。聖職者の間にそのようなタブーがあるのか​​、それともすべてのアイドル・スペキュレーションがあるのか​​を一緒に見てみましょう。

妊婦が教会に入ることは可能でしょうか?聖職者の意見ですか?

かつては、赤ちゃんを待っている女性が家から出てこなかったので、彼女はジンクスではなかったので、彼女は、とりわけ、教会を訪れることができませんでした。しかし、その時代は長引いており、聖職者はそのような質問を聞くと憤慨しています。妊婦のために教会に行くことは可能ですか?

実際には、聖書によると、人は彼の両親の身体、そして魂を与えていることである - 神。そして彼女は私たちの世界ではほとんどの人の誕生の時に表示されず、概念ですでに神によって与えられています。だから、本当にそれが自分の赤ちゃんの胎内で運ば母親は、保護と援助を求めるために、彼に祈りにアピールするために彼のこの世の住居に来なかったという事実に反対します。

女性が教会の限界を越えることができない唯一の時間は生後40日ですが、残りの時間は主の前で清潔であり、奉仕に行き、教会のすべての聖餐を行うことができます。

なぜ女性は妊娠中に教会を訪れるべきですか?

告白と交わりのために司祭に行く - 未来のママは不確実性を圧迫した場合、それは労働、最善の方法は、精神を落ち着かせる方法を経験して、自分の赤ちゃんの生命と健康のための恐怖です。

お香、群衆と小さな部屋の匂いめまいや意識の喪失の発作を起こし、それが仲間に必要である教会に行くことができます - 力の下でそれをすべて妊娠中の氏子がされていないが。また、健康が許すならば、それは、サービスを守るために日曜日に、主要な休日に可能です。

出産のための祝福を求めて、赤ちゃんの健康のアイコンが確実になる前に祈ってください。このために、子供を持つ女性が長い間心に描かれてきた聖人の顔があります。妊婦のために教会に行くことができますか?

私は大人になって結婚することはできますか?

今では妊婦が教会を訪問できることが明らかになりましたが、バプテスマと結婚式の聖餐に参加することができるかどうかは別の問題です。女性が重い赤ん坊の儀式中に握るために十分な力を持っているなら、大魔女を奪うことは禁じられていません。

正しい道の上に両親を指示することは決して遅すぎる、赤ちゃんは、おそらく、罪に考案されたにもかかわらず、神へのより満足して、彼に未熟な魂を保つ - そしてカップルは、子供を期待していた結婚。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...
Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

− 2 = 1

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: